閉じる
個別事業一覧

災害廃棄物処理実務ツール

概要
近年、大規模な自然災害が頻発し、そのたびに大量の災害廃棄物が発生しています。その処理には自治体のリソースだけで処理することは容易ではなく、市民の協力が欠かせません。そのために、災害発生時に迅速に市民へ広報することが重要です。
財団では、初動期の生活ごみ及び片付けごみの出し方等に関する市民への広報ツールを、環境省関東地方環境事務所の業務として作成しました。
(財団が業務を通じて得た知見をもとに災害廃棄物処理の実務に活用できるツールを提供するものです。)

実施年度:2019年度~

災害発生時において、自治体が災害廃棄物の出し方や仮置場の案内、分別、安全に関する広報を市民に対し行う際に活用できるよう、チラシや防災行政無線放送用の原稿を用意しました。また、災害廃棄物の分別の理解に役立つイラストを作成しました。災害時の困難な時期に、少しでも気持ちをやわらげられるようなイラストを心がけて用意したものです。

広報ツール

チラシ(例)

ご自由にダウンロードしてご利用ください。
※赤字を適宜修正してください。

災害廃棄物イラスト

ご自由にダウンロードしてご利用ください。

防災行政無線放送原稿(例)

ご自由にダウンロードしてご利用ください。
※赤字を適宜修正してください。



お問い合わせ

公益財団法人廃棄物・3R研究財団企画部
〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8階
TEL 03-5638-7163/FAX 03-5638-7164
災害廃棄物対策担当:中山、夏目
または、当サイトの「お問い合わせ」からお願いいたします。

detail