閉じる
個別事業一覧

脱炭素社会構築のための資源循環高度化設備導入促進事業受付終了

概要
プラスチック資源循環の確立及び再エネ主流化の促進を図るため、使用済製品等のリサイクルプロセスや化石資源由来プラスチックを代替する再生可能資源由来素材等の製造全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制を図り、リサイクルの量・質の向上につながる資源循環高度化設備を導入又は持続可能なバイオプラスチックの導入拡大につながる資源循環高度化設備を導入する事業に要する経費に対して、当該経費の一部を補助する事業を実施します。

受託業務 : 環境省

実施年度:2021年度~2023年度(令和2年度補正は2020年度(繰越により2021年度))

1.事業目的

プラスチック資源循環の確立及び再エネ主流化の促進を図ることにより、低炭素・脱炭素社会の実現に資するとともに、資源の有効利用及び生活環境の保全に資することを目的としています。

2.事業概要

プラスチック資源循環の確立及び再エネ主流化の促進を図るため、日本国内の事業所において設備を設置する事業について、使用済製品等のリサイクルの促進及びリサイクルプロセスや化石資源由来プラスチックを代替する再生可能資源由来素材等の製造全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制を図り、これまでリサイクルできなかったものへの量的な拡大、もしくはより高品質な再生素材の供給を目指すために、省CO2型の資源循環高度化設備を導入することで、製造された再生素材の国内資源循環が安定的に見込める事業又は従来の化石資源由来プラスチックを代替する再生可能資由来素材等の国内導入を拡大させるための資源循環高度化設備を導入する事業を支援します。

3. 事業イメージ

令和2年度補正は、下記イメージ図のうち「再生プラスチックの高度リサイクル設備導入支援」を行います。

イメージ図
出典:環境省ホームページ

4.令和2年度補正及び令和3年度事業

補助対象者 民間事業者
補助対象設備 【①省CO2型プラスチック高度リサイクル設備導入事業】
【②化石資源由来プラスチックを代替する再生可能資源由来素材の省CO2型製造設備導入事業(バイオマスプラスチック<生分解性プラスチック>、パルプ等含む)】
【③太陽光パネルリサイクル設備導入事業】
【④リチウムイオン電池リサイクル設備導入事業】
※令和2年度補正は①のみ
補助率 設備導入に必要な経費の1/2、1/3を補助します
事業期間 原則として交付決定日以降から令和4年2月末まで。
公募期間 ➀-1 省CO2型プラスチック高度リサイクル設備導入事業
 令和3年2月26日(金)~ 令和3年4月23日(金)終了しました
➀-2 省CO2型プラスチック高度リサイクル設備導入事業(二次公募)
 令和3年4月26日(月)~ 令和3年6月4日(金)終了しました
➀-3 省CO2型プラスチック高度リサイクル設備導入事業(三次公募)
 令和3年6月15日(火)~ 令和3年7月21日(水)終了しました

②-1 化石資源由来プラスチックを代替する再生可能資源由来素材の省CO2型製造設備導入事業
 令和3年4月26日(月)~ 令和3年6月4日(金)終了しました
②-2 化石資源由来プラスチックを代替する再生可能資源由来素材の省CO2型製造設備導入事業
 令和3年6月15日(火)~ 令和3年7月21日(水)終了しました

③-1 太陽光パネルリサイクル設備導入事業
 令和3年4月26日(月)~ 令和3年6月4日(金)終了しました

④-1 リチウムイオン電池リサイクル設備導入事業
 令和3年4月26日(月)~ 令和3年6月4日(金)終了しました
④-2 リチウムイオン電池リサイクル設備導入事業
 令和3年6月15日(火)~ 令和3年7月21日(水)終了しました
公募説明会 説明会の予定はありません。
※動画配信を始めました。

➀省CO2型プラスチック高度リサイクル設備導入事業
公募要領インターネット配信用プログラム
Ⅰ  補助事業の概要【動画】
Ⅱ 実施計画書等の記載方法【動画】

②省CO2型製造設備導入事業、③太陽光、④リチウムイオン電池
公募要領インターネット配信用プログラム
 補助事業の概要【動画】
Ⅱ-1  実施計画書等の記載方法(バイオ)【動画】
Ⅱ-2  実施計画書等の記載方法(リチウムイオン電池)【動画】

令和2年度補正及び令和3年度の公募に関する詳細情報

過去の補助事業

省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業(令和2年度まで)

お問い合わせ

公益財団法人廃棄物・3R研究財団事業支援部
〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8階
TEL 03-5638-7162/FAX 03-5638-7165
担当:金井、佐藤、久松
Email: r.koudoka-1@jwrf.or.jp

detail