沿革と概要

沿革

当財団の前身である財団法人廃棄物研究財団では、平成元年8月の設立以来、ダイオキシンに代表される廃棄物の適正処理やリサイクルなどに係る研究を鋭意実施し大きな成果を挙げてきました。

また、廃棄物の適正処理に加えて3R政策の積極的な展開が求められていることから、平成19年4月には3R活動推進フォーラムの事務局を財団内に置いて、3R関連業務への支援強化にも努めて参りました。

循環型社会そして低炭素化社会の形成に向けて、廃棄物・3R関連業務への積極的な取組は時代の要請となってきています。そこで、内閣総理大臣からの公益認定を得て、平成23年12月28日付で、公益財団法人廃棄物・3R研究財団として再スタートしました。

概要

当財団は、自治体、学識経験者、産業界、NPOなど全ての関係者を産官学民ベースで幅広く結集し、実効性のある研究を実施しています。

研究にあたっては、ダイオキシン・アスベスト等の有害物質対策、最終処分場の適正な設置・管理、し尿・浄化槽汚泥の処理技術などの都市の廃棄物事業に係るものの他、廃棄物の持つエネルギーに着目した高効率発電やバイオマスの利活用、レアメタルやリンなどの循環資源の有効利用、循環型社会形成に向けての地域循環圏造りに加えて、東日本大震災で発生したガレキ処理など、廃棄物・3R事業が抱えるハード、ソフト両面にわたる課題に鋭意取り組んでいます。

研究成果については、国の施策や各種基準に反映され、また、自治体の廃棄物・3R事業の推進に幅広く活用されています。また、セミナー開催、書籍刊行、メルマガ等を通じて廃棄物・3R事業関係者への研究成果の情報発信も積極的に実施しています。

ロゴマーク

当財団では、平成28年6月、新たにロゴマークを作成しました。5本の円は、循環型社会形成推進基本法に定める「発生抑制(リデュース)」「再利用(リユース)」「再生利用(リサイクル)」「熱回収」「適正処分」に則り、循環型社会形成のための研究を推進することを意味しています。
また、財団の英文名を「Japan Waste Research Foundation」と表記することにしました。